IWC 買取 マルコウ 福島 会津 郡山 喜多方 須賀川 白河 いわき

IWC_Partnerships_1111x637px_V3_ceceafc545cd95299913e1f5f5b09f8b-00002.jpg
IWC インターナショナル ウォッチ カンパニー 買取 はマルコウへ!!

最高価格にて買取致します!! マルコウ TEL0242-22-3340

Meet-The-Original-The-IWC-Pilots-Watch-CollectionIWC00001.jpg


創業時からスイスの伝統的技術とアメリカの機械自動化の製造技術を一体化し、効率的で完成度の高い時計作りを目指した。懐中時計が主流の時代から高い評価を受け、日本でも高級懐中時計の代名詞となっていた。腕時計が主流の時代になると、天文台コンクールやクロノメーター規格には参加しなかったものの、優秀級クロノメーターよりも厳しい規格を社内で独自に設け、生産した。基本設計が優れていることに加え、部品の材質・仕上げにコストをかけているため、長期にわたって使用しても、メンテナンスさえ怠らなければ、長く新品時の時間的精度を維持できると言われた。


1915年から腕時計に参入、懐中時計の時代程ではないにせよ高い知名度を保った。この時代には古い手巻のキャリバー83、角形手巻のキャリバー87、アルバート・ペラトン設計によるペラトン式自動巻機構を持つキャリバー85系(1950年設計)、新しい手巻キャリバー89(1946年設計)等評価の高い自社製キャリバーが多数ある。最高傑作といわれるキャリバー83のコストを削ってグレードダウンしたものが、キャリバー89だとされる。ペットネームを持たない製品が多いが、数少ない例外であり高い耐磁性能を持つ『インヂュニア』(Ingenieur 、1955年発売)、ヨットマンのために特殊ラバーで衝撃を吸収する『ヨットクラブ』(Yacht Club )等のモデルは、アンティーク市場において非常に高い人気がある。 パイロットウォッチの『マークシリーズ』はマーク11までキャリバー89を搭載していたが、マーク12以降はジャガールクルト、エタの機械を採用している。

代表モデル

ポルトギーゼ アクアタイマー インヂュニア パイロット ポートフィノ ダ・ヴィンチ ポルシェ・デザイン  イル・デストリエロ・スカフージア

プロフィール

marukou78

Author:marukou78
福島県会津若松と喜多方にて創業65年の質屋でございます。ロレックスなどの高級時計・ジュエリー・シャネルやヴィトンなどのブランド品やダイヤモンドを中心に買取と販売しております。

最新コメント

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム